a アニメ曜日トップ(a)
k 海外の感想・作品一覧(k)
b 深夜アニメ新番組ほか(b)
このページの一番上へ(u)
 kansou
 bangumi
最近の更新情報2018年11月11日 日曜日       2014年11月10日 月曜日       2014年11月08日 土曜日       2014年10月31日 金曜日       2014年10月31日 金曜日       2014年10月31日 金曜日       2014年10月30日 木曜日       2014年10月30日 木曜日       2014年10月30日 木曜日       2014年10月28日 火曜日       2014年10月23日 木曜日       2014年10月19日 日曜日       2014年10月19日 日曜日       2014年10月17日 金曜日       2014年10月17日 金曜日       2014年10月17日 金曜日       2014年10月16日 木曜日       2014年10月14日 火曜日       2014年10月12日 日曜日       2014年10月12日 日曜日       2014年10月11日 土曜日       2014年10月11日 土曜日       2014年10月10日 金曜日       2014年10月10日 金曜日       2014年10月09日 木曜日       2014年10月09日 木曜日       2014年10月09日 木曜日       2014年10月08日 水曜日       2014年10月08日 水曜日       2014年10月08日 水曜日       2014年10月07日 火曜日       2014年10月06日 月曜日       2014年10月06日 月曜日       2014年10月05日 日曜日       2014年10月05日 日曜日       2014年10月05日 日曜日       2014年10月05日 日曜日       2014年10月03日 金曜日       
ツイート画面を開く[twitter] タンブラー投稿画面を開く[Tumblr] シェアボタンの使い方[ヘルプ]
境界の彼方OP電車カット02
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

放送中のアニメ『境界の彼方』は本編同様、OP・EDも精彩な映像になっている。
OPでは茅原実里の歌う「境界の彼方」の歌詞にあわせ、序盤で一つだった花が
最後には二つ並ぶなど、作品のイメージを伝える演出が随所にある。

そんなOPに登場し、ヒロイン栗山未来の立ち位置を象徴的に表現しているのが列車。
トンネルを抜けて海岸線を走り、未来は写真に心を乱される──。
これらのカットをよく見ていくと、ある演出上の謎があることに気づく。
関係しそうな列車のカットは10カット。それらを抜き出してカットごとに確認する。


境界の彼方OP列車カット01b
OP列車カット1
トンネル内
窓に流れる雨粒 未来の横顔にピント送り
ふと外を見る未来

解釈1-1:車内から撮ることで未来の顔がガラスに映っている
境界の彼方OP列車カット01図

解釈1-2:窓の外からガラス越しに車内を撮っている
境界の彼方OP列車カット01別

1-1ならば座っている席をここではD席、1-2ならばA席と呼ぶ(図参照)



境界の彼方OP列車カット02境界の彼方OP列車カット02図
OP列車カット2
トンネル内を走る列車先頭の視点



境界の彼方OP列車カット03境界の彼方OP列車カット03図
OP列車カット3
トンネル内
未来、写真を持つ手もと、膝の上
身体左(画面右)にトンネル壁面の蛍光灯があたる
座っているのはA席で、カット1が1-1ならば反対側の席
1-2ならば同じ席
以降、座席の位置に注意



境界の彼方OP列車カット04境界の彼方OP列車カット04図
OP列車カット4
カット3のつづき
窓の外をぼうっと見続ける未来
やがてトンネルを抜け、窓から差す眩しい太陽
太陽は進行方向左(画面右)
A席



境界の彼方OP列車カット05境界の彼方OP列車カット05図
OP列車カット5
『メインタイトル』
水平線の向こうに低い太陽
列車遠くに、画面右から左へ走行
太陽は進行方向右(画面奥)
窓から日が差すためにはD席に座っている必要があるが
カット4ではA席で太陽を見ている

線路脇に並んだ電柱間を通過する速度は約4秒。カット10と同じ。



境界の彼方OP列車カット06境界の彼方OP列車カット06図
OP列車カット6
正面から
両手で写真を持ち眺める
A席



境界の彼方OP列車カット07境界の彼方OP列車カット06図
OP列車カット7
表情を歪める未来 目アップ
カット6の続き
影の向きからA席



境界の彼方OP列車カット08境界の彼方OP列車カット08図
OP列車カット8
身体右から
両手で写真を持つ手のアップ 右手に包帯と指輪
カット7の続き
A席



境界の彼方OP列車カット09境界の彼方OP列車カット06図
OP列車カット9
正面から
写真を持つ右手を左手で掴む 胸元アップ
カット8の続き
A席



境界の彼方OP列車カット10a
OP列車カット10
閉じていた眼を開け、窓の外を見る未来 眼を潤ませる
水平線の向こうに低い太陽
車窓の景色とオーバーラップ

解釈10-1:車内から撮ることで未来の顔がガラスに映っている
境界の彼方OP列車カット10図

解釈1-2:窓の外からガラス越しに車内を撮っている
境界の彼方OP列車カット10別

10-1ならばD席で太陽は進行方向右、10-2ならばA席で太陽は進行方向左
10-1はカット5と同じ状況、10-2ではカット4と同じ状況で、カット5とは太陽が逆になる。

線路脇にある電柱の間隔は約4秒、カット5と同じ。




補足1:未来の髪の毛
未来の顔に左右が違う要素があれば、窓に映っているかどうかの判別は簡単だが、
残念ながら左右対称。
一見、真ん中の髪の毛が常に左目側(向かって右)に靡いているように見える。
しかし実際は顔の面積が多く見えている方向に靡いている。
(真正面のときはでは左目側に靡く)




補足2:太陽は朝日と夕日のどちらか?
境界の彼方OP列車カット10b
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

このOP映像では、歌詞と比喩的に同期させている部分が幾つもある。

映像がその付近の歌詞を踏まえている例としては
・車窓の雨粒…「孤独が頬を濡らす 濡らすけど」
・一つの花…「私」
・二つの花…「ふたり」
・振り返る秋人の後ろ姿…「すれ違う意識」 
・胸元で写真を持つ手を押さえる未来…「求め合う心」
・眼を開ける未来…「目覚めるよ」
など。

この例にならって「夜明けの気配が」「希望が彼方で待ってる」「目覚めるよ」
という歌詞から推測すると朝日の可能性が大きい。




カットによって座席と太陽のどちらか、または両方が反対側へ移っている、という謎。
この左右反転が何を意味しているのかという考察には踏み込まないが、
作品のタイトルどおり“境界”を挟んだ、鏡のような対称の関係を
象徴させているようにも見える。



境界の彼方OP列車カット01c
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
OPには境界線や鏡を意識させるカットも多い。


境界の彼方OP電車カット01
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
ホームへ降り立つカットは“境界線”を越えているようにも受け取れる。
序盤には名瀬美月と博臣が“線路を越える”踏切のカットもある。


境界の彼方OPa02
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
鏡(ミラー)そのものをつかった演出も。
妖夢である新堂彩華と愛は境界の向こう側、ということかもしれない。


境界の彼方OPa01
(c)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
最後のカットは水平線を挟んで水面に映る月。
天地が逆になっていて、上側が“水面に映る月”である点に注目。
『境界の彼方』OP映像に登場する列車のカットには“謎”があった 11.15金曜日
最近の更新情報一覧